男女

夫婦の絆を強くするエタニティリング|選び方を紹介

  1. ホーム
  2. どこから見ても楽しめる

どこから見ても楽しめる

花嫁

シンプルなのに華やか

永遠の意味を持つエタニティリングをご存知でしょうか。ブライダルジュエリーのひとつで、以前は結婚記念日に夫から妻へと贈られるアニバーサリージュエリーでした。それが最近では婚約指輪や結婚指輪の代わりにもなる兼用リングとして、注目されるようになりました。エタニティリングの最大の特徴は、リングの周りにぐるりとダイヤモンドがはめ込まれていることです。同サイズで同カットのダイヤモンドが使われていることが、エタニティリングの条件です。そのため豪華なイメージになりますが、デザインはシンプルなので、普段使いとしてさりげなく主張するのが魅力といえます。全周に石を入れるのがエタニティリングの基本ですが、半周だけ石を入れるハーフエタニティリングもあります。このタイプが登場したのは、エタニティリングの持つマイナスポイントを解消するためです。金属部分がほとんどないエタニティリングは、他のリングに比べて強度が弱くなります。また、サイズ直しが難しいという点もあげられます。他にはハーフエタニティにすることで、単純に石の数が少なくなるので、その分コストがかからずにすみます。もちろん全周タイプのフルエタニティにも魅力が詰まっています。毎日身に付けるものですから、気がつけば石があらぬ方向を向いていることもよくあります。その点全てが同じ石のフルエタニティなら、リングがずれていても見た目が変わらないので、気にしなくてすむのです。それに360度どこから眺めても、美しいダイヤモンドの煌めきが堪能できます。どちらも魅力的なエタニティリングは、第3のブライダルジュエリーとして定着しつつあります。